お酒の飲み過ぎ&二日酔いに効く

二日酔いには大量の水

二日酔い1
二日酔いの原因は体内に入ったアルコール分を肝臓で処理しきれず、アセトアルデヒド化するためです。
これが悪酔い、二日酔いをもたらすのです。
アルコールを分解するときには水が必要です。水が不足するからアルコールが残る、アセトアルデヒド化する。
ということで、とにかく水を飲みます。血中のアルコール濃度を下げるためというよりも、翌日の二日酔いを予防するため、アセトアルデヒド化させないために、水をがぶのみします。
飲めます。飲もうと思えば飲めます。何度かに分ければ飲めます。
たくさん飲むと夜中にトイレに行きたくなるけれど、途中で睡眠が寸断されても、翌日のためには水をたくさんのむ。
もちろん、ウコンだとかシジミエキスのいいのですが、二日酔いのためには水分です。いちばん手っ取り早い方法でもあります。
お茶でもかまいませんが、ウーロン茶などはけっこう胃に刺激を与えますので、かえって吐き気を催す場合もあります。
スポーツ飲料も吸収がはやいのでいいのですが、あの味が口のなかにまとわりつくという難点があります。
その点、水は無味無臭ですので、いちばん飲みやすく、手にも入れやすい。なにしろ蛇口をひねれば水は出てくるのですから、ありがたい限りです。
それに費用もあまりかかりません。命の水とはよく言ったもので、この言葉、飲酒のときにも使えそうです。

二日酔い防止の3か条

二日酔い2
まずは食べ物をしっかりとることです。これから暑くなるとビールも美味しくお酒ばかりがどんどん進んでしまいます。そんなときこそツマミなど食べ物をしっかりとる。これが重要です。空腹でお酒ばかりとると酔いも進んで二日酔いにもなりやすいです。

 

2つ目は果物・果汁をとること。グレープフルーツなどはアルコールの分解を促進させる成分が含まれています。本当は飲んだ後でグレープフルーツジュースなどを飲むのが理想のようですが、飲んだ後で補給するのもなかなか難しいので、横着ながらもお酒と一緒にとってしまいます。ただ、取らない時に比べ格段に効果は違います。なので、チューハイが流行っていた頃はどの店でも生搾りグレープフルーツサワーがあったので必ずと言っていいほど注文してました。最近でも最低1杯はレモンサワーや柑橘系のお酒で果汁を補給するようにしています。

 

3点目は飲んだ後でしっかり水等の水分をとることです。水をたくさん取ることで体外にアルコールを放出できるようです。なので、可能な限り水分をとることを心がけています。
この3つが二日酔い防止の方法です。ただし、いくらそうはいっても深酒や安くていかにも悪酔いしそうなお酒を飲むと効果はあまりありませので注意が必要です。

 

二日酔いや肝臓ケアはどうしてる??

サプリメントなどで栄養補給をしっかりしましょう。
肝臓に効くサプリなどでケアしてみましょう!!

二日酔い防止の秘策は「飲んだ後のウォーキング」

二日酔い3
お酒をたくさんのんだ後、多くの人は「とにかく眠ること」を心がけるにちがいありません。泥酔してそのまま眠ってしまう場合はいわずもがなですが、そうでない場合も「明日は仕事だから、早く寝て酔いをさまそう」と考えるのが一般的でしょう。
また、車の運転が仕事であれば、少しでも長時間寝てアルコールを抜こうとする人が多いはず。しかし、実はこれは二日酔い防止にはほとんど役に立ちません。逆効果というケースさえあるのです。

 

それはなぜか。眠ってしまうと内臓も働きが鈍ります。当然、肝臓も起きている時のような働きをしなくなり、結果、アルコールがなかなか分解されなくなってしまうのです。
新陳代謝も行われにくくなりますから、逆効果ということになりかねません。翌日が休みなら、酒が抜けるまで寝ていてもいいでしょう。しかし、そうでないなら、むしろ起きて体を動かしたほうがいいのです。

 

ただ、そうなると今度は寝不足問題が発生します。そこでおすすめしたいのが、お酒を飲んだ後の軽いウォーキング。泥酔状態では危険ですが、そうでないなら、1時間程度のウォーキングをしてから、就寝するようにしましょう。
歩く時間はもっと長くてもいいですが、1時間程度が無理のないところでしょう。軽く汗をかくぐらいがベスト。ぬるめのお風呂に短時間つかるか、シャワーで汗を流してから、就寝するのです。
これが、二日酔い防止の秘策。お試しください。

 

ウォーキングは膝を痛めないよう、グルコサミン サプリなどでしっかり膝の痛み補強もしよう!

 

二日酔いには生酵素

また最近では女性が多く摂取している酵素なんかも二日酔いには効くようです。
健康に良い青汁との掛け合わせで 酵素青汁なんかも良いとテレビでは言っているようですね。

 

酵素青汁111セサミンプラスの驚き効果と口コミまとめ
こちら参考にしてみて下さいな♪